[Web] 最低限覚えておきたいHTTPステータスコード

HTTPステータスコードはたくさんあるのですが、実際よく使用するものは限られるので全部覚える必要はありません。
ここでは最低限覚えておきたいHTTPステータスコードを紹介します。


ちなみに、ステータスコードの一覧は以下ページをご覧ください。
 ⇒ [Web] HTTPステータスコード一覧

重要HTTPステータスコード

【100番台】インフォメーション系

情報系のコードです。このコードをプログラム中で使うことはあまりないので意味だけ知っていればいいと思います。

HTTP
ステータスコード
意味発生するパターン
100(Continue)
継続
処理が正しくできている時
102(Processing)
処理中
リクエストの処理中の時

【200番台】成功系

処理成功系のコードです。プログラム中で処理が成功したことを判定する時に非常によく使用されます

HTTP
ステータスコード
意味発生するパターン
200(OK)
処理成功
処理が正しく完了してクライアントへ返信している場合
204(No Content)
処理内容無し
処理は正しく完了しているがクライアントへ返信する内容が無い場合

【300番台】リダイレクション系

プログラム中で使用されることはなく、.htaccessファイルでよく使用されます。

HTTP
ステータスコード
意味発生するパターン
301(Moved Parmanently)
永続的なページリダイレクト
ドメインが変わった時など、.htaccessファイルで指定されます
302(Moved Temporarily)
一時的なページリダイレクト
一時的にリダイレクトしたい時など、.htaccessファイルで指定されます

【400番台】クライアントエラー系

エラー系のコードです。プログラム中で処理が失敗したことを判定する時に非常によく使用されます

HTTP
ステータスコード
意味発生するパターン
400(BadRequest)
リクエスト不正
クライアントから送信したリクエストに不正がある
401(Unauthorized)
認証が必要
・ID/パスワードが間違っている
・アクセス権限が無い
403(Forbidden)
アクセス禁止
サーバ側の設定でアクセスが禁止されている
404(Not Found)
ページが見つからない
ページが削除されている

【500番台】サーバエラー系

サーバエラー系のコードです。プログラム中で処理が失敗したことを判定する時に非常によく使用されます

HTTP
ステータスコード
意味発生するパターン
500(Internal Server Error)
サーバ内エラー
サーバの内部エラーが発生している
503(Service Unavailable)
サーバ利用不可
サーバが落ちている

備考

  • Webエンジニアは、ここに上げたHTTPステータスコードは番号を言われただけで瞬間的に意味が分かるようにしておきたいですね。

Web, 資料記事

Posted by tora