[Eclipse] 起動時に「Could not create the Java Virtual Machine.」というエラーが出る場合の対処法

2020年5月10日

Eclipse起動時に「Could not create the Java Virtual Machine.」というエラーが出る場合の対処法です。

Eclipse「Could not create the Java Virtual Machine.」

Java Virtual Machine Launcher
Error: Could not create the Java Virtual Machine.
Error: A fatal exception has occurred. Program will exit.

対処法

代表的な対処法を3つ紹介します。

【対処法1】-Xmxの値を小さくする

eclipse.iniの設定値にある-Xmxの値を小さい値に修正します。

(eclipse.ini 修正例)
-Xmx1024m ↓ -Xmx512m

【対処法2】-vmを追記する

eclipse.iniの-vmargsの直前にjavaw.exeへのパスを指定します。
javaw.exeへのパスはお使いの環境に合わせて読み替えてください。

(-vmの設定例)
-vm C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_202\bin\javaw.exe

必ず「-vmargs」の行の直前に指定してください。

【対処法3】最新のJDKをインストールする

jdkのバージョンが古いとeclipseが対応していない場合があります。
新しいバージョンのjdkをインストールしてみてください。

備考

  • eclipse.iniファイルを修正した後のeclipseの実行は、「eclipse.exe -clean.cmd」でクリーン実行してください。
    ※eclipse.exe -clean.cmd はeclipse.exeと同じフォルダにあります。

Eclipse

Posted by tora