[Windows10] リモートデスクトップの接続を許可する

2019年7月6日

リモートデスクトップで接続するには、接続を許可する設定が必要です。
(初期値では接続不可となっています。)

以下手順で、リモートデスクトップの接続許可設定が可能です。

手順

Windows10での手順です。

①コントロールパネルを開く

※コントロールパネルの開き方は以下ページをご覧ください。
[Windows10] コントロールパネルを開く方法

②コントロールパネルで「表示方法:カテゴリ」を選択し、「システムとセキュリティ」をクリックする

コントロールパネル「システムとセキュリティ」

③システムとセキュリティ画面で、「リモートアクセスの許可」をクリックする

システムとセキュリティ画面「リモートアクセスの許可」

④システムのプロパティ画面(リモートタブ)が開くので、「このコンピューターへのリモート接続を許可する(L)」を選択し、「OK」ボタンをクリックする。

システムのプロパティ画面「このコンピューターへのリモート接続を許可する」

これでリモートデスクトップ接続が許可されました。

トラブルシューティング

上手くいかない時は、ファイアウォールのポートが解放されていることをご確認ください。

ファイアウォール 受信の規則

「リモートデスクトップ」に関する受信の規則が「有効」になっていればOKです。

リモートデスクトップで使用するポート番号はデフォルトで「3389」です。

ポートの開放については以下ページをご覧ください。
[Windows] 任意のポートを開放する

備考

ちなみに「Windows 10 Home」エディションではリモートデスクトップの使用はできません。

リモートデスクトップは、以下のエディションで使用できます。

  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows 10 Education